Windows 上で動作するSQL Server の異なるインスタンス間で、ログインとパスワードを転送する方法

This post has been republished via RSS; it originally appeared at: New blog articles in Microsoft Tech Community.

こんにちは。SQL Server サポート チームです。 

今回は、Windows 上で動作するSQL Server の異なるインスタンス間で、ログインとパスワードを転送する方法についてご案内します。 

 

SQL Server ではインスタンスに接続する際の認証に使用する(サーバー全体の権限を管理する)ログインという名称のプリンシパルと、インスタンスに接続した後に各データベースに接続する際の認証に使用する(データベースの権限を管理する)ユーザーという名称のプリンシパルが存在します。 

本記事ではログインという表記の場合はログインプリンシパルを表し、ユーザーという表記の場合はユーザープリンシパルを意図したものとなります。 

一般的にクライアントは、ログインプリンシパルを指定して SQL Server のインスタンスに接続し、ログインプリンシパルとマッピングされたユーザープリンシパルの権限を用いて、データベースにアクセスします。 

下記図のようになります。 

Yuki_Kitazawa_1-1631241807043.png

 

■概要 

Server A で稼働しているインスタンスにあるデータベースを、別の Server B のインスタンスに移行(バックアップリストア/デタッチアタッチなど)すると、以下のようなエラーが発生して、Server B のインスタンスに接続ができない場合があります。 

 

 

ユーザー ' ログイン名 'の ログインに 失敗しました。 (Microsoft SQL Serverエラー: 18456)

 

 

 

この問題は、Server A の SQL Server のインスタンスに存在していたログインが、Server B の SQL Server のインスタンスに存在しないために発生することがあります。 

下記図が問題のイメージです。 

Yuki_Kitazawa_3-1631241863273.png

 

 

また、Server B のインスタンスに Server A と同じ名称のログインを作成して、Server B に移行したデータベースにアクセスしようとしたときに下記のようなエラーが発生して、データベースに接続ができない場合があります。 

 

 

現在のセキュリティ コンテキストでは、サーバー プリンシパル "<ログイン名>" はデータベース "<データベース名>" にアクセスできません。

 

 

 

この問題は、Server A と Server B でログインの名称が同じでも内部的にログインを識別する SID が異なっていることが原因で発生します。 

下記図が問題のイメージです。  

Yuki_Kitazawa_4-1631241873892.png

 

本記事では、Server A のインスタンスに存在するログインをパスワードを保ったまま別の Server B のインスタンスにコピーする対応策について紹介します。 

 

■前提条件 

・本作業はすべて sysadmin ロールの権限を持ったログインにて実施します。 

 

 

■手順 

1. SQL Server Management Studio(以下、SSMS)やその他のクライアントツールを使って Server A のインスタンスに接続します。  

以下スクリプトを実行してログインとそのパスワードを転送するのに必要なスクリプトを生成するためのストアドプロシージャを作成します。  

 

 

USE [master] GO IF OBJECT_ID ('sp_hexadecimal') IS NOT NULL DROP PROCEDURE sp_hexadecimal GO CREATE PROCEDURE [dbo].[sp_hexadecimal] ( @binvalue varbinary(256), @hexvalue varchar (514) OUTPUT ) AS BEGIN DECLARE @charvalue varchar (514) DECLARE @i int DECLARE @length int DECLARE @hexstring char(16) SELECT @charvalue = '0x' SELECT @i = 1 SELECT @length = DATALENGTH (@binvalue) SELECT @hexstring = '0123456789ABCDEF' WHILE (@i <= @length) BEGIN DECLARE @tempint int DECLARE @firstint int DECLARE @secondint int SELECT @tempint = CONVERT(int, SUBSTRING(@binvalue,@i,1)) SELECT @firstint = FLOOR(@tempint/16) SELECT @secondint = @tempint - (@firstint*16) SELECT @charvalue = @charvalue + SUBSTRING(@hexstring, @firstint+1, 1) + SUBSTRING(@hexstring, @secondint+1, 1) SELECT @i = @i + 1 END SELECT @hexvalue = @charvalue END go IF OBJECT_ID ('sp_help_revlogin') IS NOT NULL DROP PROCEDURE sp_help_revlogin GO CREATE PROCEDURE [dbo].[sp_help_revlogin] ( @login_name sysname = NULL ) AS BEGIN DECLARE @name SYSNAME DECLARE @type VARCHAR (1) DECLARE @hasaccess INT DECLARE @denylogin INT DECLARE @is_disabled INT DECLARE @PWD_varbinary VARBINARY (256) DECLARE @PWD_string VARCHAR (514) DECLARE _varbinary VARBINARY (85) DECLARE _string VARCHAR (514) DECLARE @tmpstr VARCHAR (1024) DECLARE @is_policy_checked VARCHAR (3) DECLARE @is_expiration_checked VARCHAR (3) Declare @Prefix VARCHAR(255) DECLARE @defaultdb SYSNAME DECLARE @tmpstrRole VARCHAR (1024) IF (@login_name IS NULL) BEGIN DECLARE login_curs CURSOR FOR SELECT p.sid, p.name, p.type, p.is_disabled, p.default_database_name, l.hasaccess, l.denylogin FROM sys.server_principals p LEFT JOIN sys.syslogins l ON ( l.name = p.name ) WHERE p.type IN ( 'S', 'G', 'U' ) AND p.name <> 'sa' ORDER BY p.name END ELSE DECLARE login_curs CURSOR FOR SELECT p.sid, p.name, p.type, p.is_disabled, p.default_database_name, l.hasaccess, l.denylogin FROM sys.server_principals p LEFT JOIN sys.syslogins l ON ( l.name = p.name ) WHERE p.type IN ( 'S', 'G', 'U' ) AND p.name = @login_name ORDER BY p.name OPEN login_curs FETCH NEXT FROM login_curs INTO _varbinary, @name, @type, @is_disabled, @defaultdb, @hasaccess, @denylogin IF (@@fetch_status = -1) BEGIN PRINT 'No login(s) found.' CLOSE login_curs DEALLOCATE login_curs RETURN -1 END SET @tmpstr = '/* sp_help_revlogin script ' PRINT @tmpstr SET @tmpstr = '** Generated ' + CONVERT (varchar, GETDATE()) + ' on ' + @@SERVERNAME + ' */' PRINT @tmpstr PRINT '' WHILE (@@fetch_status <> -1) BEGIN IF (@@fetch_status <> -2) BEGIN PRINT '' SET @tmpstr = '-- Login: ' + @name PRINT @tmpstr SET @tmpstr='IF NOT EXISTS (SELECT * FROM sys.server_principals WHERE name = N'''+@name+''') BEGIN' Print @tmpstr IF (@type IN ( 'G', 'U')) BEGIN -- NT authenticated account/group SET @tmpstr = 'CREATE LOGIN ' + QUOTENAME( @name ) + ' FROM WINDOWS WITH DEFAULT_DATABASE = [' + @defaultdb + ']' END ELSE BEGIN -- SQL Server authentication -- obtain password and sid SET @PWD_varbinary = CAST( LOGINPROPERTY( @name, 'PasswordHash' ) AS varbinary (256) ) EXEC sp_hexadecimal @PWD_varbinary, @PWD_string OUT EXEC sp_hexadecimal _varbinary,@SID_string OUT -- obtain password policy state SELECT @is_policy_checked = CASE is_policy_checked WHEN 1 THEN 'ON' WHEN 0 THEN 'OFF' ELSE NULL END FROM sys.sql_logins WHERE name = @name SELECT @is_expiration_checked = CASE is_expiration_checked WHEN 1 THEN 'ON' WHEN 0 THEN 'OFF' ELSE NULL END FROM sys.sql_logins WHERE name = @name SET @tmpstr = 'CREATE LOGIN ' + QUOTENAME( @name ) + ' WITH PASSWORD = ' + @PWD_string + ' HASHED, SID = ' + _string + ', DEFAULT_DATABASE = [' + @defaultdb + ']' IF ( @is_policy_checked IS NOT NULL ) BEGIN SET @tmpstr = @tmpstr + ', CHECK_POLICY = ' + @is_policy_checked END IF ( @is_expiration_checked IS NOT NULL ) BEGIN SET @tmpstr = @tmpstr + ', CHECK_EXPIRATION = ' + @is_expiration_checked END END IF (@denylogin = 1) BEGIN -- login is denied access SET @tmpstr = @tmpstr + '; DENY CONNECT SQL TO ' + QUOTENAME( @name ) END ELSE IF (@hasaccess = 0) BEGIN -- login exists but does not have access SET @tmpstr = @tmpstr + '; REVOKE CONNECT SQL TO ' + QUOTENAME( @name ) END IF (@is_disabled = 1) BEGIN -- login is disabled SET @tmpstr = @tmpstr + '; ALTER LOGIN ' + QUOTENAME( @name ) + ' DISABLE' END Set @Prefix = ' exec master.dbo.sp_addsrvrolemember @loginame=''' Set @tmpstrRole='' Select @tmpstrRole = @tmpstrRole + Case When sysadmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''sysadmin''' Else '' End + Case When securityadmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''securityadmin''' Else '' End + Case When serveradmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''serveradmin''' Else '' End + Case When setupadmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''setupadmin''' Else '' End + Case When processadmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''processadmin''' Else '' End + Case When diskadmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''diskadmin''' Else '' End + Case When dbcreator = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''dbcreator''' Else '' End + Case When bulkadmin = 1 Then @Prefix + [LoginName] + ''', @rolename=''bulkadmin''' Else '' End From ( select convert(varchar(100),suser_sname(sid)) as [LoginName], sysadmin, securityadmin, serveradmin, setupadmin, processadmin, diskadmin, dbcreator, bulkadmin from sys.syslogins where ( sysadmin<>0 or securityadmin<>0 or serveradmin<>0 or setupadmin <>0 or processadmin <>0 or diskadmin<>0 or dbcreator<>0 or bulkadmin<>0 ) and name=@name ) L PRINT @tmpstr Print @tmpstrRole Print 'END' END FETCH NEXT FROM login_curs INTO _varbinary, @name, @type, @is_disabled, @defaultdb, @hasaccess, @denylogin END CLOSE login_curs DEALLOCATE login_curs RETURN 0 END

 

 

 

2. 下記のステートメントを実行して、マスターデータベースに2つのストアドプロシージャ sp_hexadecimal と sp_help_revlogin が作成されたことを確認します。 

name 列がそれぞれのストアドプロシージャになっている行が出力されていれば、作成されていると判断できます。 

 

 

USE [master] GO SELECT * FROM sys.procedures WHERE name IN ('sp_hexadecimal','sp_help_revlogin') GO

 

 

 

3. SSMS のクエリ エディタを一度選択した状態で、SSMS のメニューバーから [クエリ] -> [結果の出力] -> [結果をテキストで表示] オプションを選択します。 

 

4.  [結果をテキストで表示] 設定を行ったクエリ エディタ―で下記のステートメントを実行します。  

 

 

EXEC sp_help_revlogin

 

 

 

5. sp_help_revlogin ストアドプロシージャを実行することで、ログインを作成するためのスクリプトが出力されます。 

IF NOT ~ END までが一つの塊となるため、Server B にコピーしたいログインに関するスクリプトを抜粋します。 

なお、このスクリプトで作成した SQL Server 認証のログインは、元の SID と元のパスワードを保持したものが作成されます。 

 

 SQL Server 認証のログイン( sqlUser01)の例 

 

 

-- Login: sqlUser01 IF NOT EXISTS (SELECT * FROM sys.server_principals WHERE name = N'sqlUser01') BEGIN CREATE LOGIN [sqlUser01] WITH PASSWORD = <暗号化されたパスワード> HASHED, SID = <ハッシュ>, DEFAULT_DATABASE = [master], CHECK_POLICY = ON, CHECK_EXPIRATION = ON END

 

 

 

Windows 認証のログイン( <ドメイン名>\winUser01)の例 

 

 

-- Login: <ドメイン名>\winUser01 IF NOT EXISTS (SELECT * FROM sys.server_principals WHERE name = N'<ドメイン名>\winUser01') BEGIN CREATE LOGIN [<ドメイン名>\winUser01] FROM WINDOWS WITH DEFAULT_DATABASE = [master] END

 

 

 

6. 移行先のサーバー(Server B)での手順 

SSMSなどのクライアントツールを使って Server B に接続し、手順5 で抜粋したスクリプト(sp_helprevloginの出力結果)をクエリとして実行します。 

 

 ■注意事項 

 手順6 で移行先のサーバー(Server B)での手順を実行する前に、以下の情報を確認してください。 

  • Server A とServer B が異なるドメインにある場合で、 Windows 認証のログインをコピーする場合は、出力スクリプトを変更する必要があります。 
    手順抜粋した CREATE LOGIN ステートメントには元のドメイン名が記載されているため、新しいドメイン名を使って置き換える必要があります。 
    新しいドメインでアクセスを許可された統合ログインは、元のドメインのログインと同じSIDを持たないため、ユーザーはこれらのログインから孤立した状態となります。 
    これらの孤立したユーザーを解決する方法の詳細については、「SQL Serverを実行しているサーバー間でデータベースを移動するときの権限の問題を解決する方法」を参照してください。 
    Server A とServer B が同じドメイン内にある場合は、同じ SID が使用されますので、ユーザーが孤立することは通常ありません。 

 

  • この記事の手順では、特定のログインに対するデフォルトのデータベース情報の転送はされません。 
    これは、デフォルト データベースが Server B に存在するとは限らないためです。 
     
  • 送信元サーバーと送信先サーバーの照合順序の違いによる注意点:
    • 大文字小文字を区別しない Server A と大文字小文字を区別する Server B:
      Server A の照合順序が大文字小文字を区別せず、Server B の照合順序が大文字小文字を区別する場合があります。 
      この場合、Server B のインスタンスにログイン名とパスワードを転送した後、ユーザーはパスワードをすべて大文字で入力する必要があります。 
    • 大文字小文字を区別する Server A と大文字小文字を区別しない Server B:
      Server A の照合順序が大文字小文字を区別し、Server B の照合順序が大文字小文字を区別しない場合があります。 
      この場合、以下のいずれかの条件が成立しない限り、ユーザーは Server B のインスタンスに転送したログイン名とパスワードを使ってログインすることができません。 
       ・元のパスワードのすべての文字が大文字である。 
       ・元のパスワードに文字が含まれていない。 
    • 両方のサーバーで大文字と小文字が区別されている、または大文字と小文字が区別されていない:
      Server A とServer B の両方のソート順が大文字と小文字を区別している場合や、Server A と Server B の両方のソート順が大文字と小文字を区別していない場合があります。 
      これらの場合、ユーザーには問題が発生しません。 
  • Server B 上のインスタンスで出力スクリプトを実行した際に以下のようなエラーメッセージが表示された場合:
    Msg 15433、レベル 16、状態 1、Line 1 の指定されたパラメーター sid が使用されています。 
    →Server B 上のインスタンスに出力スクリプト内の名前と同じ名前を持つログインがすでに存在する。

    Msg 15025、レベル 16、状態 1、行 1 
    サーバー プリンシパル 'MyLogin' は既に存在します。 
    →Server B 上のインスタンスに出力スクリプトの SID と同じ SID を持つログインがすでに存在する。 

    上記エラーを回避するために、次の操作を行う必要があります。 
    1. 出力スクリプト内のログイン情報を確認します。 
    2. Server B 上のインスタンスの sys.server_principals ビューの内容を調べます。 
    3. 必要に応じて、これらのエラー メッセージに対処します。 

 

本記事は、インスタンス間でログインとパスワードを転送する - SQL Server | Microsoft Docs の情報を一部補足した内容となっております。 

REMEMBER: these articles are REPUBLISHED. Your best bet to get a reply is to follow the link at the top of the post to the ORIGINAL post! BUT you're more than welcome to start discussions here:

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.